Blog

Grizzly Boots(グリズリーブーツ)のBLACK BEAR -Black Rough Out-

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「靴下の日」だそうです。

やっとイギリスからソックスが届きまして、これで今季のソックスが全て出そろいました。

あと、いつものあったか~いアルパカソックスもございます!

靴下に気を使うって、実はとても大切なんですけどね。

ロールアップして履く人もかなり増えたと思うので。

いつまでも白ソックスでハズシだけではダメですよ!

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】Grizzly Boots(グリズリーブーツ)

【アイテム】BLACK BEAR -Black Rough Out-

【価格】¥97,200-(税込)

【コメント】

今季もなんとか無事に届きました!グリズリーブーツ!!!

一昨年は調子が悪く、靴づくりも粗く納期もひどかった。

でも昨年は絶好調で、遅れてたオーダー分も届きました。

こうしていつかなくなる、いつかなくなると言われ数年。まだ安心と思うでしょ?

なんだけど、今度はマジでヤバそうです。

どれくらヤバいか、ディストリビューターさんから連絡がありました。

要点は、

●高齢のために靴作りができなくなってきたこと。

●不良品が多発し、靴作りに余計に負担がかかっていること。

●おそらく体の機能が低下し、どこが不良品なのか理解できていないこと。

そのため、今まで以上に寛容になっていただかないと、納品ができませんとのこと。

つまり、靴としてのクオリティを諦め、「履ければいい」くらいで望まないとダメということです。

 

それを聞いて、普通ならリスク回避でオーダーしないのが良いと思います。

でもオーダーしますけどね。値段が値段なので、滑ったら一発でウチのお店なんてつぶれますけど。

まあ毎回それくらいの覚悟はできてますし、他に代わりが無いのでオーダーするしかありませんよ。

無くなったらそれで終わり。もう手に入れられなくなっちゃうんだから。

もはや伝統工芸品に近いですね。触れられるだけまだ良いと思ってます。

 

というわけで知る人ぞ知るブーツメーカーが、このGrizzly Boots(グリズリーブーツ)。

取扱い店があまりに少なく、また入荷も不安定なため、幻のブーツとも呼ばれています。

どれくらい幻かって、ありとあらゆる靴を見てる靴のリペア屋さんでも、

グリズリーブーツが修理に来るとテンションが上がるっていうくらい。

 

1足買うだけでも大変なので、仕入れる方はもっと大変でした。

正直言うと5年かかりました。

何気にHPとかはあったりするのですが、メールしても返信なし。

だから今度は頑張って英語でメールしたんですけど、「また今度ね!」って感じでそっけなく返され、

今度がいつなのか全然わかんねーし!!!

じゃあ得意のコネクションを使おうと思ったのですが、古巣のコネを使ってもアポイントが取れない始末。

それがたまたま足を運んだ展示会で、たまたまご紹介いただいてと、

何かがきっかけで事はトントン拍子に進むものだから、人生ってのは何があるか分からない。

あるのはただただ「行動」するだけ。

今回は5年だったけど、もっと短くても良かったのかもしれないし、長くても続けなきゃならない。

なんでもそうなんだけど、やっぱり「やろう」と思ったらやった方がいいよね。グズグズしてないでさ。

俺なんてどっちかっていうと、足より頭を動かしちゃうからいつもグズグズしてる。

グリズリーをやろうと決めたのも東日本大震災がきっかけかもしれない。

いつ死ぬかも分からない、お店だっていつつぶれてもおかしくない、

それなら後悔しないようにやりたいじゃない。自分で決めた道なんだから。

この道を歩むためなら何だってやってやろうと思ってます。

それこそ借金に借金を重ねてるし、家族の人生だって俺のために棒に振らせてるしね。

まさに死に物狂いってやつです。

前置きが長くなってすいません。

それだけちょっと思い入れがあるブーツでしてね。

それではいよいよ商品紹介に移ります。

まずはブランド紹介からどうぞ。


全てのグリズリーブーツは、伝統的な製法を用い、職人の手により1つ1つ手作業で作られています。

手作りですので同じ物は2つとない、「唯一無二」のブーツと言っていいでしょう。

上質な素材と職人気質が一体となって、履きやすいのはもちろんのこと、一生ものの頑丈さを兼ね備えた仕上がりとなっています。

またそのルックスは、作る喜びと芸術性に富んだ職人の高い技術を反映しています。

グリズリーブーツは古き良き時代のスタイルを保ちつつ、新しい感覚にも受け入れて頂けるデザインとなっています。


とまあこのブランド説明だけではあまりピンと来ませんね。

しかし、昔から本当の靴好きの人に面白がられるブーツでした。

それはきっとこのブーツを作っている職人のせいかもしれません。

クルーズおじさん

それでは次は職人紹介です!

ドウゾ!


クルーズ・アルビズは、1928年にスペイン北部の小さな町・サンセバスチャンで生まれました。

彼の職人としての人生は、16歳の時に家の近くのブーツ工房で働くことから始まりました。

以後3年間で3か所のブーツ工房で、当時は給料をもらわず見習いとして働き、ブーツ作りの技術と芸術性を身に付けました。

そして20歳の時にスペインの軍人として招集されます。

すると彼の所属部隊のブーツは、彼の技術によって常に良い状態に保たれていました。

それから18か月に及ぶ従軍期間の中で、もともと信心深いクルーズは地元の教会を訪れ、修道士と親交を深めることになります。

除隊後、クルーズはその技術を活かして修道士たちのサンダルを作り、

お返しに修道士たちはお礼にと食事とわずかなお金を払ってくれました。

クルーズがアメリカに移住を決めたのは1957年のこと。最初に移り住んだ町はオレゴンでした。

しかしその時はブーツメーカーとしてではなく、牧場で働くカウボーイとして雇われていました。

その後1970年にワシントン州スポケーンに移り、やっとブーツ職人としての仕事を見つけることができました。

その時働いた会社が、かの有名なWHITE’S BOOTS(ホワイツブーツ)社です。

ホワイツでのクルーズは、彼がただの職人ではなく、技術に精通したブーツづくりの達人であることを証明しました。

そしてホワイツに勤めて13年後、今度は自らの名を冠した「クルーズカスタムブーツ」を立ち上げます。

さらに1989年、クルーズは当時モンタナ州にあった「グリズリーブーツカンパニー」を買い取り、

スポケーンに場所を移し今もなお現役でブーツを作り続けています。


という職人さん。

まず驚くのが、現在御年90 歳!!!!!いやいやおかしーでしょ!ちょっと信じられません!

しかし、彼の経歴を見るに、アメリカに(恐らく希望を持って)移住したのが29歳で、

それから肉体労働であるカウボーイを13年も続け、やっと憧れのブーツ職人に戻り、独立したのが55歳でしょ?

それでもきっと商売が上手くいかなくてグリズリーブーツを買い取ったわけですから、

やっと軌道に乗ったのが61歳になった時と考えると、本当に死ぬまでブーツを作り続けたいんじゃないかなと思ってしまいます。

 

例えば俺だって、大学を出て22歳からセレクトショップで働いたけど、

自分のお店を立ち上げるために5年もアパレルを離れて苦手な営業で修業してさ、

32歳で独立してなかなか商売が上手くいかなくて、今でもまだ微妙だし。

だからもし上手く行ったとしても40越えるでしょ?

それでいつまでバイイングできる?接客販売できる?情報収集できる?感度を保てる?鮮度のある会話できる?自分の足で買い付け行ける?

肉体が衰えたらさ、きっとどれもパフォーマンス下がるよ。

でもさ、俺も死ぬまでバイイング続けてさ、お客様に俺の言葉で気持ちで接客したいわけなのよ。

 

だから90歳目前にしてもブーツを作りつづけるクルーズさんの気持ち、なんとなく分かる気がするんだよね。

 

そんなクルーズさんが、必死で(マジで必死だよね・・・)作ったブーツです。

 

でもこうやってちゃんと本国でも認められているのがまた嬉しいです。

いつまでも元気でいてください。クルーズじいさん。

 

それではクルーズじいさんが作ったブーツを、とくとご覧ください。

こちらはグリズリーブーツの中で「BLACK BEAR」というモデル。

「一般的な6インチブーツで、1日中履いていても疲れないように作られています。

このブーツは長時間歩く方や立ち仕事の方に適度なサポートし、履きやすさを考えデザインされています。

6インチのハイトップは、長時間の立ち仕事の方へ、くるぶしの適切なサポートを提供します。」

とあります。

 

なるほど履いてみると、確かにアーチの盛り上がりがすごいですね。

ビルケンのような突き上げ。これは偏平足の方はつらいかも?

 

そして履いてみてもう一つ気になるのが、靴底の形。

なんかすごいグラグラします。

バランスボールに乗っているような感覚。もしくはMBT的な?姿勢が矯正されそうです!

なんだか非常にクセのある靴だなというのが分かりますね。

ちなみにオックスフォード(ローカット)が欲しいと言われますが、ウチはやりません。

なぜなら、まずブーツメーカーなのでブーツを履いてほしいという思いから。

オックスフォードなら違うブランドでも良いのがいくらでもあります。

またグラグラするので、足首まで固定してないと不安だし疲れるので。

なので当店では、ブーツしかオーダーしません。(キモイ偏屈バイヤーでスイマセン)

 

次に素材。

珍しいBlack Rough Outという毛足の長いスエードレザーです。

毎年お願いしているdiaries別注です。

 

いや厳密に言うとね、珍しくも別注でもなく、インラインにあるんですけどね、現在この素材を使わせてくれないんですよ。

なぜかというと色ムラが激しいから。コントロールできない粗っぽい素材。

上の写真のように左右の色が違ったり、スエードの質感が違って別な靴くらいに見えたりするんです。

だから利益最優先のお店や、リスクを負えないお店では取り扱うことができないんです。

 

もちろん私も最初は断られたのですが、諦めませんでした。

 

その理由は、例のヤツです。

 

俺が持っているのがコレと同じやつだから!!!

15年物のGrizzly BootsのBlack Rough Outを使用したBLACK BEARブーツです!!!

ご覧くださいこの色!

黒から緑がかったグレーに!なんでこんな色に!?なめしに使うクロムの色でしょうか???

ホントにグリズリーみたいでしょ?

ブランド名もグリズリーだし、このモデル名もブラックベアだし、この熊っぽい素材じゃなきゃいけないとまで思っています!

当時買う時も、合わせやすい表革と個性的なスエードと迷ったのですが、この圧倒的な存在感に負けました!

そしてこのブーツを履いていると、行く先々で聞かれるんです。「それどこの?」とか「雰囲気ヤバイですね!」とか。

テンダーのウイリアムにも「Very Cool!!!」って言われました。

 

ちなみにこの色になるのは長く履いているだけじゃ多分無理。

実はですね、私このブーツがマボロシ級だとは知らず、雨用のブーツしてしまってたんです・・・

そんなわけでVery Hardな使い方をされ、こんな色になってしまったと。

でもこれがブランド説明にもある通り、まさしく「唯一無二」な存在なんです!

 

それくらいのブーツだから、どうしてもこの素材にしたくてね。

個人店なので信用もなかったのですが、このブーツがどういうものかを分かっていることを、

また自分が履いていたことで理解度を説明することができ、オーダーを受け付けてくれたんです。

それを信じてくれたメーカーさんには、本当に感謝しています!

 

商品説明に戻ります。

ワイズはEでオーダーしています。

実は私物のがDワイズで、履き始めはJMウエストン以上の万力固めに見舞われたので。

また、実は作りにかなりのブレがあります。クルーズじいさんの年齢を考えるとしょうがないです。

ちなみにそのブレは、左右のワイズが微妙に違ったりすることもあります。

なので大は小を兼ねるってことでEワイズで。

製法はステッチダウンでダブルステッチ。(この部分じゃ分からないか)

アウトソールも極厚のビブラムソールなので、ホントに雨の日は最高なんですよ!

 

水に強いという部分ではタンの部分もそうですね。

ここだけは表側になってます。

そしてそのタンも外羽根に縫い付けられているので、水が入ってくる隙間がありません。

 

履き心地も悪くはないです。

細かいところでいうと、履き口はパイピング処理。

でもたまにパイピングを忘れたりします。

手前のブーツ(私物)は忘れてる方でした。なので当たり。

言い訳でもなく、お客様に突っ込まれた時の逃げ道でもなく、私は本当にそう思ってます。

信じてくれなくてもいいです。オススメしないマニアックな世界なので!w

 

靴ヒモもヤバいですね。

始めはフックに比べてヒモが太くて、入らないんです!

つまり履けないんです!wwwww

マジでウケますよ!歩いているとヒモが抜けるんですから!ww

靴作りのクオリティ以前の問題でしょ!?!?!?

でもそれがいつしかしっくりハマるようになる。

こうやってだんだん革ヒモが痩せてくるんですよ。

そうなると外れないしほどけなくなる。自分の足になる。

このストーリーがいいんだよなぁ~。

ブラスのフックもアンティークぽくなってカッコイイわぁ~~~。

 

そしてグリズリーといえば箱も気になる!

ただの段ボール箱!

所詮ワークブーツなんだから、頑丈で履ければいいんだよという、クルーズおじいさんの職人気質が伝わってきますね!

しかし、なぜかこのダンボールすらも愛おしくなってしまうんです。

その理由がこの手書き文字!

まさにミミズが這ったようなヘタクソな字ですが、これがクルーズさんの手書きの字!

さすがにこの文字見ると色んな意味でヤバイとは思います。

しかしこれにも理由がありまして、クルーズおじさんの利き腕は、

もう何十年もハンドメイドでブーツを作り続けてきたせいで、利き腕ではない方の腕より倍近く太くなってしまっているのです。

だから力の加減ができなくなってしまってるんですよ。それでこのような字に。

 

ですが今回から、文字すらちゃんと書けなくなってしまったのか、

文字が書いてない段ボール靴箱も見受けられますので、ご理解ください。

 

というわけで冬になると履く回数が増えます。

そろそろクルーズじいさんがヤバイと聞いて、もう1足買わないといけないかな?と思ったんですが、

まさかの私のサイズ(7H)が完売してしまいました。でもしょせんワークブーツなので、8でも全然大丈夫です。

 

そして15年の時を経て、また相まみえるグリズリーブーツ。

グリズリー後輩とグリズリーパイセン

クルーズじいさんと僕の、生きてきた証がここにあるんだなと思ったり。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018