Blog

hannes roether(ハネスルーザー)のLong Sleeve T-shirt & Raglan Long Sleeve

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「雑誌広告の日」だそうです。

メディアがネットに取って代わられるこのご時世ですが、

ちゃんとターゲティングすれば、まだまだ雑誌広告も出し方によっては効果があるみたいです。

diariesはこのブログが頼みの綱ですけど・・・

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】hannes roether(ハネスルーザー)

【アイテム】Long Sleeve T-shirt

【価格】¥16,200-(税込)

【コメント】

今春より取り扱いをスタートしたhannes roether(ハネスルーザー)からも、秋物が届いております!

リアルクローズが多いdiariesにとっては、ちょっとデザイン性が強すぎたのでしょうか?

本当にマニアックなお客様のみ反応していただけたっぽいです。

ま、ウチの取り扱い数が少ないせいでもあるんですけどね。

とはいえ、モードっぽさとワークウェアぽさが程よく混ざったデザインなので、

普通にdiariesのスタイリングにハマります。

なので、少しづつ少しづつファンを増やしていきたいですね!

 

というわけでまずはまずはブランド紹介からまいりましょう。


2004年にドイツのミュンヘンで、デザイナー自身の名を関したブランドをスタート。

ドイツの伝統的な服から刺激を受け、ドイツの工芸品とも呼べる生産背景をサポートし、

過度な生産を避けるために最初は小さな規模から始めました。

初めはコットン・メリノウール・カシミヤを使用したニットウェアを作り、

次はドイツのワークウェアファブリックやイタリアンウールを使用したジャケットやパンツを作り、

トータルウェアブランドとしてワードローブを完成させます。

デザインの特徴は、シンプルでモダン。着心地はリラックスしながらも、エレガンスな雰囲気が漂ってます。


というブランドですが、ニットやカットソーから始まったブランドなので、

実はTシャツ一つとっても、素材・縫製ともにクオリティも高く、こだわりも詰まってるんです。

 

まずはそんなTシャツから。

見た目は普通のクルーネックのロングスリーブTシャツ。

細身で体にフィットするデザインなので、縫製部分はフラットシーマを採用しています。

そしてなんと、ヘム(裾とか袖口)には折り返しがありません。

パーツごとの縫い合わせはCut&Sawnでカットソーしてますが、それ以外はニットウェアて感じですね!

とことんフラットにこだわることで、デザインと着心地を追求した結果でございます。

 

さらにはボディは丸胴というか、グルっと巻いて後ろでセンターシーム。

身頃は1枚地。

そしてハネス特有のヨークが設けてあります。

これハネスのカットソーでよくやるパターン。

シャツじゃないのに肩ヨークを付けます。これもフィットへのこだわりなのでしょう。

そしてボタンホールを2つ別布でくっつけて豚の鼻のように見えるのは、hannesの頭文字Hをかたどっています。

 

ちなみにこちらのカットソー。ウチの奥さんがメチャクチャ気に入ってて着てて、

着過ぎて2年で色褪せてきちゃったので、新しいやつ無いとヤバイということで仕入れました。

あ、もちろん商品でもありますよ!

 

 

さらに、そんなにいいんならということで、メンズでもご用意しました!!!

ドウゾ!

【ブランド】hannes roether(ハネスルーザー)

【アイテム】Raglan Long Sleeve

【価格】¥20,520-(税込)

【コメント】

こちらは裏起毛のスウェット素材でのロンTになります。

こちらはネックや裾や袖口はカットオフ(切り放し)になっていて、

着ているうちにロールしてきて、さらにほつれてくると表情が生まれ良い感じになると思います。

 

そしてこだわりの肩ヨークからスリーブはというと?

なんと生地をリバース(裏返し)に!?!?!?

同じ色、同じ素材なのに2トーン。

こちらも洗いこむことでそれぞれ違った経年変化が起き、よりコントラストが強調されて魅力が増すと思います!

 

はやりデザイナーズブランドってのは、単体で力があるので、1枚でコーディネートが成立する。

合わせを考えなくていいってのが強みですね。着る方からすると。

 

たまにはいいんじゃない?カッコイイだけの服ってのも!!!

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018