Blog

Hannes Roether (ハネスルーザー)のMoleskin Jacket & Pants

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「大晦日」だそうです。

というわけで、diariesは昨日で仕事納め。(納まってないけど。)

まさかの最後の最後まで忙しくさせていただき、
感謝してもしきれないくらい。本当にありがとうございます!!!

2018年で、いつの間にか当店も9周年を迎え、
実は10年目がスタートしておりました。
常に低空飛行を続けながら、それでも確実に上昇していることが心の支え。
それでも9年続けると、まあまあそれなりの高さには飛べるものですね。
だけどいつ下降曲線に入るか分からないので、ちっとも安心できません。
機体も飛行機どころか、グライダーみたいなものですし。
ほぼ風まかせ。

それでもこのように飛べてこれたのは、まぎれもなくお客様のおかげ。
そしてご協力いただいたお取引先様。
通販もだんだん増えてきて、一生懸命届けてくれるクロネコヤマトのドライバー様。
みなさん、本当にありがとうございます。

今年もあっという間でしたね。と思えるのは本当に幸せなこと。
そして、2019年もあっという間に過ぎてしまいそうな予感がします。
干支の亥が表すように、猪突猛進の予感。。。

2019年。diariesは変わります。

というわけで、重大発表をさせていただきます。





1月14日を持ちまして、
diariesは閉店します!




理由は移転するので。
場所は閉店後に発表しますね。
一応、都内方面からのお客様も気にしておいて欲しいかなと。
つくばのお客様は移転しても来てくれますよね?ね?
まあつくば在住のお客様自体が少ないんだけど・・・w

で、移転に合わせて様々なお知らせがございます。

まずは1月の営業日が1/4(金)~1/14(月)となります。
もちろん木曜の休店日はあります。
新店舗も楽しみですが、これまで支えてくださったお客様に、
今の店舗で1度ご挨拶させていただきたいです。
新しい商品はほとんど入荷しないので、買いたい物がないのに
お呼び立てするのは気が引けるのですが。

そんな思いもありまして、今回初の

閉店セールを行います!!!!!

ロードサイド店でたまに見る、あの閉店するする詐欺セールですね!
一度やってみたかった!移転のため閉店セール!www

基本的に買い付けに行く前以外はセールしない店ですし、
セールやったところで割引率はちょっとだけ・・・

ですが、今回は閉店セールなので、かなり頑張ります!

頑張り具合をちょっとだけお見せしましょう!

Quilpの靴。¥104,760- → ¥52,380-

¥8,424- → ¥4,212-

サブトラクトのカットソー。¥8,424- → ¥4,212-

なんと、半額の商品がございます!!!!!
こんなの今までやったことない!つらい!
でも閉店セールってこんな感じでしょ!?

まあさすがに最大50%OFFってのはこれくらいですが、
その他にも10%から用意してます。

あ、もちろん半分近くがセール除外ですけど。笑
これまで支えてきてくれたお客様を裏切るわけにはいきませんのでね。





そしてセールばかりでは芸がないので、
心ばかりではありますが、初売り用の商品もご用意させていただきました。

写真撮り忘れちゃったんですけど、POKITです。
しかも廃番となってしまったアイテムやサンプルなど、
もう手に入らないやつばかり!
もちろんセール価格でご案内可能です!





そしてセールをやるからには、やっぱりアレも行くことにしました。

ヨーロッパヴィンテージ買い付けの旅2019!

なので現金だとセール価格そのままですが、
カードをご利用になるとセールの割引率が10%下がります。
例えば1万円の商品を50%引きでお買い上げいただいた場合、
現金だと5000円ですが、クレジットカードだと6000円ですね。
あ、そうそう。PayPay(ペイペイ)は現金扱いとします。
今のところ手数料が取られないので。

ちなみに現金だと割引率が高いというのは、手数料うんぬんという理由もそうなのですが、
買い付けでは現金でバーン!と払うので、現金が欲しいんです!

なのでdiariesがセールをやる時は、
ヴィンテージの買い付けに行く場合のみ、さらに現金じゃないとお得感が無い。
というレベルの低いサービスです。スミマセン。





という年始になるのですが、改めて整理します。

・初売りは1月4日12:00から

・初売り商品はPOKITの廃番など

・初売りと同時にセールスタート

・セールは現金以外の場合は、割引率が下がる

・現店舗での営業は1月14日まで

こんな感じですかね。
新年最初の買い物に、ずっと使えるバッグやシューズやインナー。
いいですよ。





伝達事項はこんなところです。

それでは最後の商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】Hannes Roether (ハネスルーザー)

【アイテム】Moleskin Jacket

【価格】¥70,200-(税込)

【コメント】

もうホントどうしようもない。まだまだ大物の紹介が残っちゃってて・・・汗

暖冬だったり寒かったりで、紹介する機を逃しておりました。

でも個人的にも購入してガンガン着てるジャケットです。

それでは詳しく見ていきましょう。

こちらは、身頃がコットンモールスキンで袖がウールニットのジャケット。

私、昨日のブログで「ウンチクが無いと服が着れない!」と書いたばかりですが、

こちらのジャケットはウンチクなどさもあらず、

言うなれば「ただカッコイイだけのジャケット」と思ってセレクトしました!

まあ無理くりウンチクを付けることはできますよ!w

身頃がモールスキンなので風を通さず、インナー次第で温かい。
肩からニットなので腕の上げ下げがしやすく機能的。
モールスキンという生地の重さも感じさせません。

って感じでね!もっともらしいでしょ!?w
まあでも本当かもしれないし、ただ作りたくて作っただけかもしれない。
デザイナーズブランドなので、詳しい説明はないので、そこは分かりません。
実際に買って着てみた感想としては、実際に上記のように思いましたけどね。
いや~でも全然保温性なかったけどね!
腕は風通すから寒いし、ボディはコットンだから保温性ないし、
あまり着こむのもカッコ悪いから薄着だし、

ただし!それらすべてのデメリットをひっくるめても、カッコイイから着たい!

そう思わせてくれるジャケットです。

というわけで着てみました。

Inner/WORKERS (F/C knit turtle)

Pants/Kestin Hare (Wick trouser) ¥31,320-

Shoes/ALDEN -private-

ハネスはやっぱりモノトーンが合いますね。

でも切り替え物(異素材が混じってるやつ)は、コーディネートの幅が広いんです。

Inner/Gicipi (Cashmere mix hi-neck) ¥8,424-

Pants/MOCEAN (Velocity pants) ¥30,240-

Shoes/7CCR (Side gore shoes)

これもウケるやつ。
ジャケットもパンツもシューズも、全て異素材で切り替わってるやつ!
よく見ると結構ウザいコーディネートです!www

では全体的なカッコよさは伝わったかと思うので、今度はディテール。

ハネスのボタンは、カナダ軍のボタンみたいな付け方してます。

これ好きなんですよね。テープで留めてるやつ。

ポケットも、フラップが付いてないのが面白いです。

一応ポケットとして使えるようにはなってますが、
私は「しつけ糸」を外していません。
外すともっと広がってしまいそうなので。
このままの方がカッコイイと思います。
使いこんだら外してもいいかな?

そうそう、例によって経年変化ですね。
モールスキンも経年変化が楽しみな素材。
ハネスもかなり良い素材使ってくれますからね。

ちなみにこのモールスキンを使い込むと、こうなります。

手前が今回紹介したジャケットで、奥が同素材のパンツ。

このパンツは商品ではなくて、私がベルリン買い付けに行った際、
自分へのおみやげに買ったやつなんです。
なので4年くらい履いてるかな?

こんな感じのパンツ。

グルカっぽいけどオーバーパンツです。

もうラインナップには入ってないけどね。

このパンツを持っていたこともあり、本日のジャケットとセットアップで
着ることができたらなと思ってセレクトしたのもあります。

ですが、これとはまた別のカッコ良いパンツがあったので、
そちらをご用意しました!!!

ドウゾ!

【ブランド】Hannes Roether (ハネスルーザー)

【アイテム】Pants

【価格】¥36,720-(税込)

【コメント】
一見ただの黒いパンツですが、こちらはカットソー生地のパンツ。

スウェットでもないんだよな。なんだろうこの生地。
綿100%なんだけどしっとりした手触りで高級感があります。
また引っ張っても伸びにくくて、履いていても膝が出にくそう。
パンツにするには大事なことですね。
さらにはシルエットもかなりドレッシー。

見た目が良い上に、カットソー生地なので異常に履きやすい。
これは旅行などにもいいですね~。


そしてディテールもやっぱり素晴らしいです。

ベルトループはレザー。分かりやすいね。

言っても生地はカットソー生地なので、ポケット周りは弱い。
なので、淵にはカンヌキ留め。しかも2本!!!
でもこれよく見ると、Hannesの頭文字のHを表してないか!?!?!?
こういう遊び心に弱いですね~~~~~!

そしてカットオフ。

裾も脇も腰回りも、ほとんど切りっぱなし。

Hannesのデザインって、素材の特性をちゃんと理解して、
その上でデザインして、ワークやミリタリーをベースにしているから
機能的な上に、モードっぽく仕上げてくれてる。
このバランスがすごい好きなんだけどな~。
サイズだけが日本人向きではないので、あまり広まらないと思いますけど。

Knit/S.N.S. Herning (Starck)

Shoes/Scnieder Boots (Jodphur)

シュナイダー(またはシュニーダー)ブーツももう取り扱えなくなっちゃったし、
(昔2シーズンだけ取り扱ってたんですよ!)
SNSのニットもいつまで扱えるか分からない。ハネスもどうだろう?
数年以内にレアなコーディネートになってしまいそうです。。。



これにて2018年の商品紹介はおしまい!

でもまだまだ紹介しきれてないので、2019年も普通に続きます。

普通に続けていけることのありがたさ。

どうぞよろしくお願いいたします。


それではまた。お店で会いましょう。