Blog

HERTLING(ハートリング)のWilson

 

NEW ENGLAND SHIRT FAIR 開催中!!!

 

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「レジ袋ゼロデー」だそうです。

最近はストローもね。

 

というわけで、昨日でひとまず2019年春夏の展示会行脚(あんぎゃ)が終了しました!!!

まだオーダーは残ってるけど、とりあえず見る物見たし、頭の中で整理はつきそう。

頭の中もそうだけど、やっと休める・・・

昨日はちょっとハメを外してドカ食い。

さらにやっぱり買い物でしょーーーーー!

俺だってお客様に負けず劣らず買い物大好き!やっぱり買い物楽しいわ!ていうか、楽しい買い物って最高だわ!

これ買いました。

オーストリッチ革のような?なんか高そうなスニーカーでしょ???

どこのブランド品かなと思いつつ、実は・・・

Saucomyと書いてサッカニー!!!wwwww

思わず草生える!ちょっとかわいそうだけど、でもサッカニーって!wwwwww

サッカニーでオーストリッチ(もちろん型押し)という、ワケわからんもん買っちまったよ!

でも昔からこういうのが好きでね~。誰も欲しがらないヘンテコなやつが好き。

ちなみにこれを買ったお店は「FOVOS」。

もう知る人ぞ知る?になっちゃうのかな?渋谷の老舗古着屋でございます。

何気にオープンの時からたまに行ってるから、20年近くになるのかな?

OKIDOKIも代々木に引っ越しちゃったし、Spec’sもなくなっちゃったし、この辺も寂しくなりました。

でもずっとこの場所にあるって素敵だな~。

はっきり言ってこの場所でこの価格ってかなり安いと思うし、掘り出し物いっぱいあるよ。是非!

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】HERTLING(ハートリング)

【アイテム】Wilson

【価格】¥19,440-(税込)

【コメント】

ゴメン。まだあったわ。ハートリングトラウザーズ。

というか、思いっきり秋冬用の素材なので春に店頭出しすることができませんでした。

なので隠してました。

ようやく出せます。これでホントの本当に最後です!嘘ついてません!

 

恐らく今後もう2度とご紹介することがないと思われるこのブランド。

せっかくなので、もう1度ご紹介したいと思います。

 

デッドストックというかなんというか、イレギュラーで面白いパンツが届いております!

今回届いたのはHERTLINGというニューヨークのパンツ専業メーカーのもの。

実は4年前にも一度だけdiariesでも取り扱ったのですが、それっきり。

 

なぜそれっきりになってしまったかといいますと、おそらくなんですけどハートリングの態勢が変わってしまったみたい。

というのは、4年前は数十着単位で日本に送ってくれてたのですが、突如数百着単位とケタが変わってしまったんです。

さらにはそのタイミングで為替も円安基調で、国内価格がウナギのぼり。

ハートリング自体もより高級路線を打ち出し、もはや国内で手を出せるところはおそらく無いでしょう。

 

そんな背景がありつつ、なぜ今回入荷できたかといいますと、

ハートリングの路線変更に伴って廃番となってしまったパンツが出ました。

なのでプチデッドストックというか、これは本当にいいパンツなので、できるだけ引き取らせていただきました。

 

というわけで、まずはブランド紹介からどうぞ。


1925年、Morris Hertlingが最高のテーラーを目指し、ニューヨーク州ブルックリンにてHertling Industriesを創設したのが始まり。

そして息子のJulius(ユリウス)ことJulie(ジュリー)が戦争から帰還した1946年、

父親の会社で働き始め、以来50年以上に渡り家族経営で運営してきました。

1997年、Julieは彼がそれまで培ってきた専門的な知識を全て注ぎ込み、最高のトラウザーズを作ることを決意します。

昔とかわらない品質へのこだわりと、現在でも新しい方法を模索し、現在でもニューヨークの自社工場で作られています。


というブランドです。

 

トラウザーズ一筋50年。

しかもニューヨークのブルックリンにまだ自社工場があるという奇跡的なメーカー。

でももうマジでこのパンツが日本で買えるのも奇跡になっちゃいますけどね。

diariesが4年前に取り扱った時ですら、4型くらいしか種類がなかったのですが、今じゃもう2型しかありません!!!!!

このご時世でそれはすごすぎます。攻めてんな~。好きだわそういうの。

でも取扱店を見たら、アメリカ国内ですら10店舗くらいしかありませんでした。

大丈夫ですかね?やりすぎて心配だわ!

 

それはさておき、今じゃWorkersのOfficer Trousersがあるので、毎シーズン安心してドレスチノをご用意できてますが、

それまでは毎シーズンチノパンの取り扱いブランドが変わってましてね。

CORBINとかDWとかジョマーズとかと移り変わり、インポート計チノパンではこのハートリングが最後だったかも?

個人的にも買い逃して本当に後悔しているブランドなのですが、

今回も廃番品ということで、私のサイズ(36インチ)は手に入れられませんでした。

なので、サイズが合う方は絶対勝った方がいいです!!!俺が「買った方がいい」とか言うの珍しいですからね!

 

それでは前置きが長くなりましたが、詳しく見ていきましょう。

こちは、この期に及んで初めて出すシルエット。

その名もWILSON

チャックウィルソンばりに(古い)ゴツい太目のシルエットになります。

俺のサイズが無いので履けないのが残念なのですが、このように横から見ると

お尻のトップからゆる~くテーパードがかかり、履いてみるとルーズなストレートのように感じます。

でもやっぱりワークパンツではなくて、ドレッシーな雰囲気が残っているのがさすが。

 

当然トラウザーズとしての作りも素晴らしい。

そしていい服は裏から見ても美しい。

ポケットの袋に使うスレーキも良いヘリンボーン生地使ってるし、〇ー〇〇〇も〇ッ〇も〇〇〇も付いていて、

ちゃんとしたトラウザーズの要件を満たしています。

 

そして今回の生地はモールスキン、て言うのかな?

とにかくフワッフワに起毛したやつ。

まあ極上ですね。とりあえず極上。

肌触りが良すぎる。

 

さすがにこちらはあまり在庫はございません。

ネイビーの方で28インチと30インチのみ。

オリーブの方が30インチと32インチのみ。

わりとゆったり目な作りなので、それぞれのサイズに+1インチくらいの人でちょうどよさそうです。

 

もうここでしか買えないHertling Ttousers。

できればこの機会を逃さないでいただきたい。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018