Blog

S.N.S. HERNING(エスエヌエスハーニング)のFATUM Cardigan

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「漢字の日」だそうです。

というわけで今日は、1212(1=ペ、2=イ)なのでペイペイの日ですね!

(知らんけど)

CMやSNSでの露出で、当店での利用者は1日1人いるかいないかくらいです!

利用者多いです!1日5、6人くらいしかお客様来ないので、20%弱と考えたらかなり多い!

しかし!売上は計上するものの、当店にはまだ1円も入ってきておりません!

なぜなら、営業さんが振込口座名義を間違えたから!!!

PayPayハンパないって!マジで・・・

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】S.N.S. HERNING(エスエヌエスハーニング)

【アイテム】FATUM Cardigan

【価格】¥25,920-(税込)

【コメント】

先日ご紹介してから、反響をいただいておりますSNSハーニングでございます!

そうそう。よく聞かれるのですが、今年はANDERSEN-ANDERSEN(アンデルセンアンデルセン)は扱わないんですか?ということ。

すいません。今年はお休みしてしまいました。

理由としては、売っているお店がかなり増えたので、もうdiariesで買ってくれる人いないかな~ってビビっちゃったから。

まあ、みんなが忘れた頃にまた取り扱いを再開したいと思います。

なので、ここ数年重きを置いていたアンデルセンアンデルセンが抜けた穴を埋めるべく、取り扱いを本格的にスタートしたのが、このSNSハーニングと言っても過言ではありません。

ですが、諸事情によりオーダーの半分しか作ってもらえなかったので、

在庫はかなり少なくなっています。

それでは詳しく見ていきましょう。

こちらはSNSハーニングでも定番のVネックカーディガン。

ご覧の通り、Vゾーンの狭さが特徴です。

そしておなじみのメタルボタン。

生地も相変わらずの毛玉ができにくい強撚糸で編まれたニット。

SNSのニットに関しては、「毛玉ができないニット」と言いたいくらいです。

とはいうものの、毛玉ができないニットは無いので言えませんけどね。

そしてこカーディガンの特徴的なデザインといえば、この部分。

謎の切り替え。謎のライン。

これ実際に見てみると、下が通常の編みで、上が裏使いになってます。

でもこれがなんの効果があるのかは知りませんけどね。

特に説明もなかったので、単なるデザインなのかも?

なんだかよく分からないけど、こんなことやってるのSNSくらいなので、

見る人が見ればSNSって分かりますね。分からないけど分かる。

そして実は昨年も取り扱っていたのですが、ブログでご紹介する前に売れてしまってました。

なので今季は大目に用意しなければと思い、ブラックとネイビーをご用意。

ネイビーといっても、黒と並べやっと分かるくらいの濃紺です。

どちらも間違いない色ですね。

そして多めに用意した今季ですが、おかげさまでSサイズとMサイズはほとんど完売。

でもLとXLはガッツリ残ってます!!!

体の大きい人はチャンスですよ!www

Shirt/Individualized shirts (Regatta oxford B/D) ¥25,920-

Pants/WORKERS (Baker pants) ¥16,200-

Shoes/astorflex (Greenflex) ¥28,080-

ワーカーズのベイカーパンツも大きいのあります!(ウエスト95㎝までOK!)

diariesってなんて僕らに優しいお店なんでしょう!

優しいお店と優しいニット。素敵です!

このSNSもすごく優しいのが、裏を見ると分かります。

ご覧の通り内側には国旗が2つ並んでいます。

左がデンマークの国旗で、右がラトビアの国旗。

これがなぜかといいますと、生地が編まれているのがデンマーク・ヘルニングで、

最後の縫製は隣国のラトビアで行われているから。

デンマークのニットといえば、例えばアンデルセンアンデルセンが挙げられますが、

アンデルセンアンデルセンもファーストシーズンはデンマーク製だったんですよ。

でも一気に人気が出ちゃって、デンマークの工場ではキャパシティーをオーバーしてしまいました。

そしてあのニットを生産できるのが紡績な盛んなイタリアにしかなく、現在はイタリア製となっております。

おそらくそういった生産背景から、SNSハーニングもラトビアで縫製を行うしかないのかもしれません。

が、ここはオーダー数を減らしてでもデンマークで作りたいという思いがあるのでしょう。

自国生産にこだわりつつも、縫製する国には敬意を払う。

なんて優しいニットブランドか!!!

ぶっちゃけ優し過ぎて、経営状態は〇〇という噂・・・・・

なので、商品があるうちにどうぞ~!

それではまた。お店で会いましょう。