Blog

TENDER Co.(テンダー)のType130 Tapered & Type132D Wide Jeans with Driver’s Pocket

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「新撰組の日」だそうです。

瀧さんの件で持ち切りですが、意外な人ほどビックリしますね!

あ、〇球さんの方じゃないからか。みんな電気グルーヴが好きなんですね!



それでは「お店ができるまで2nd」スタート!

無事融資がおりて見たこともないような金額が口座に入り、

このままどこかへ高跳びしたくなる気持ちを抑え、不動産会社に入金します。

そして次は内装。

これも雰囲気とかオシャレなやつとか、そういうフワッとしたものじゃなくて、

ちゃんと事業計画に沿って作られています。

前のダイアリーズは、これはこれで良かったけど、

自分で考え、自分で壁を塗って、全部自分でやったものは、

やはりどこまで行っても素人仕事でした。

これを良いって言ってもらえるのは、自分が認められたようで嬉しいんだけど、

お店を運営する方とすれば、その素人作業が問題ばかりを引き起こしてました。

また単純に、お店の成長を15坪の物件では支えることができない状態でもあったんです。

なので今回の移転は、まずは23坪と広くして、そして内装はプロにお願いすることにしました。

プロジェクトD(ダイアリーズ)です。

3年かけてようやく理想のお店を構えることができました。

その間、私の無理難題やしょうもない相談に乗ってくれた敏腕不動産屋さん。

「つくばデザイン不動産」(Click!)のK島さん。

そして今回内装をお願いすることにしたのが、Phyle(Click!)のK田さんとM原さん。

このPhyleさんとの出会い(というか紹介)のエピソードも面白いんです。



元々は移転の話を、9年前から通ってくれているMナミくんに相談してました。

バウハウスっぽいデザインが得意な人で、どこか店舗設計お願いできる人いないかな?って。

そこで名前が挙がったのがPhyleさん。

すぐにMナミくんに紹介してもらって会って話してみると、

K田さんはなんと筑波大学のサッカー部出身!?!?!?

さらにM原さんは、昔働いてたセレクトショップの後輩で、

現在は栃木市嘉右衛門町で「ツクモマメ」という古民藝屋をやっている

Mッチーの後輩っていうんだから、世の中せまいねって話。



私、普段はあまりご縁とか口に出すのは苦手な方なのですが、

こればかりはご縁を感じずにはいられませんでしたねーーー!!!



そして熱く移転に対する思いをかなりウザく語った後www

テンションそのままに打ち合わせへ移動します。

場所は、ランチが終わってお客様が引いたcox(Click!)のテーブルを借りて。

やっぱりクリエイティブな空間で打ち合わせもしないとね!!!

店舗設計スタートです!




じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】TENDER Co.(テンダー)

【アイテム】Type130 Tapered & Type132D Wide Jeans with Driver’s Pocket

【価格】¥61,560-(税込)

【コメント】

2日連続でテンダーの紹介になっちゃいましたが、しょうがないですね。

だって、廃番となっているWOAD(ウォード染め)が臨時入荷したんですから!

いきなりウォード!

ですが、テンダー取り扱いショップでの取り合いになってしまい、

メールの確認が遅れた私のお店では、人気の130はサイズ4しかありません。

あしからず。



なんですけど、もともとずっとほしかった132Dのウォードは、

ぜ~~~んぜん人気ないみたいで余ってたので、ゆっくりと選ばせていただきました~!www

なので、今回のウォード緊急入荷分は、diariesでは132Dがメインです。

すいませんね、マニアックで。

でもテンダーが全然売れてない頃から取り扱ってきたつもりなので、

もっともっとテンダーの奥深さを知ってもらうためにも、

132Dを紹介してみたいと思います。

こちらはウイリアムが3番目に作ったジーンズ。

1番目は132のワイドストレート。2番目が人気の130テーパード。

そしてこの3番目が、132をベースにバックポケットの位置を変えた132Dです。

そして、Dの意味とは?

こちらはDriver’s Pocket=ドライバーズポケット。運転する時のポケット。

これは、ウイリアムが車を運転している時に、いつものジーンズのように

尻ポケットにサイフを入れていると座り心地が悪いので、

当たらない位置にポケットを移動しましたってやつです。

そりゃあんな財布持ってりゃ座りにくいわ!!!!!

あんなやつ
↓↓↓

でもなるほど、たとえばiPhoneとか入れた時も、画面が割れる心配がないかも。

しかもちょうど手を下したところにある絶妙な高さ!

履いてみるとこんな感じです。

やっぱこの太さがいいよね。

重たいんだけどホントに楽ちん。股上のフィット感が良いんですよね。

すんごい腰履きしてる人みたいでウケるでしょ?www

これがWOAD(ウォード)です。



ちなみに6年物がコチラ。

左が俺ので、右が奥さんの。

女性でここまでテンダー履きこんだ人っているんでしょうか!?

そして天邪鬼な私が持っているウォードは、細身だったりします。

サイズ4なんで、細く見えないけどな!

自慢じゃないけど(自慢ですけど)テンダーのパンツは6本くらいあるので、

なかなか色落ちに時間がかかってます。

この程度じゃまだまだ経年変化なんて言えないかな~?

これはまだウイリアムがまだ手染めをしてたころのやつかな?(今は違う)

なのでクオリティは今の方が良いですが、こちらの方がある意味レアです。

今のやつはしっかり染まったウォードですが、昔は薄かったり

染めムラがすごかったんですね。それはやはり熟練が必要だから。

気温や気圧で色が変わるので、一朝一夕では染められないのがウォード。



初めて見た時は衝撃だったけど、今見てもやっぱり良いです。




それではまた。お店で会いましょう。