Blog

VIRGIL NORMAL(ヴァージルノーマル)のBen Davis Gorilla Cut Remake Pants


DIGSEUM

-Mr.MIYAKAWA’S COLLECTION OF BANDANA-

開催日時:4/7(日)12:00~18:00

ジーンズ、Tシャツ、レザージャケット、ミリタリーウェア。
様々なヴィンテージスタッフが掘り起こされ、収集家により体系的に研究される中、
まだその全貌が捉えられていないヴィンテージバンダナの世界。
国内でも指折りのバンダナコレクターである宮川氏を招いて、
氏のコレクションを実際に手に取って見ていただける機会を設けました。
ミュージアムピースと呼ばれるレアなバンダナから、定番のFAST COLORまで。
もちろん販売できるヴィンテージバンダナもございます。
開催期間中は宮川氏も在店いたします。
ヴィンテージバンダナの世界を、どうぞ体験してみてください。

DIGSEUM(ディグジアム)
MUSEUMのように、ガラスの向こうにある手が届かない世界ではなく、
DIGつまり自身の手で触れることができ、知識を深めながら、
特定のカルチャーを掘り下げることを狙いとした体験型イベントです。

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「エイプリルフールの日」だそうです。

甘い。俺は毎日フール。つまりバカであれ。

Stay hungry. Stay foolish.(スティーブ・ジョブズ)



というわけで、新元号決まりましたー!

ひとまず令の文字でゲシュタルト崩壊!



でも結構気に入ってますけどね!

令からはクールで硬質なイメージ。

和はそのまま、柔らかいイメージ。

これからどんどん多様性が求められる時代において、

色んな面を見ないとなって思わせてくれます!

あと和って感じが昭和を思い出せてくれるのもイイ!!!



それよりなによりdiariesは、令和元年に創立10周年を迎えます!

身が引き締まりますね~~~!



じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】VIRGIL NORMAL(ヴァージルノーマル)

【アイテム】Ben Davis Gorilla Cut Remake Pants

【価格】¥19,440-(税込)

【コメント】

エイプリルフールだけに、ウソみたいなアイテムをご紹介します!

何がウソみたいって、ウソみたいな太さ!?

diariesのセレクトにしては、ウソみたいなテイスト???

ま~でもね、時代も変わるし変えるところは変えて、でも芯は変わってないっていうね。

そもそもdiariesらしさなんて、俺は最初から求めてないし。

「らしさ」なんてものを形成できるほど実力はないし、

もし「らしさ」ができちゃったら急いで叩き壊さないといけなくなる。

常に自分の価値観を疑い続け、お客様をいい意味で裏切っていかないと。

逆張りだなんだといったテクニックではなく、

どうやったら自分が夢中で楽しみ続けられるか?

この仕事を令和もずっとやっていくには、それしかないと思ってます。



というのを、東京大学総長告辞を読んで思いました。

平成30年度東京大学卒業式 総長式辞(Click!)


東京大学とは何の関係もない僕でも、非常に分かりやすい文章です。

(頭の良い人って分かりやすく説明できるよね。

回りくどくて分かりにくいダイアリーズのブログを読むと、

ああ・・・俺はバカなんだなって再認識するわ~)



なので、ダイアリーズぽくない商品が入荷しても、多様性だと思って認めてね!ってこと。

とはいっても、基本的には自分の引き出しの1つですけどね!



前置きが長くなりましたが、詳しく見ていきましょう。

まずは、新しく取り扱うことになったブランドなので、ブランド紹介から!


ヴァージルノーマルは、カリフォルニア州ロサンゼルスのシルバーレイク地区にある、

ヴァージル通りとノーマル通りにあるメンズウェアショップ。

スポーツとアウトドアを中心とした新品のセレクトやヴィンテージウェアだけでなく、

生活雑貨や本やレコードまで様々なアイテムを取り扱っています。


というブランド??っていうか、ロスのセレクトショップです。

ロスのセレクトショップがリメイクしたアイテムを仕入れました。



その点は珍しいかな?

セレクトショップが他のセレクトショップで作った商品を仕入れるのもどうかと思うんだけど、

良い物は良いとしか言いようがないので、仕入れます!!!

過去にはニューヨークのWESTERLINDとかセレクトしてたので、そんな感じ。



ではどの辺が良かったかというと、

展示会で見た瞬間、ヤベー!!ヴァージルアブローじゃん!!!!ってなったから。

ヴァージルアブローとは、

OFF-WHITEのデザイナーであり、ルイヴィトンのメンズコレクションの

クリエイティブディレクターを勤め、本日、四国を訪れているカニエウェストの

アートディレクターでもあり、現在のファッションの頂点に立つ男と言ってもいいくらいですよね!

まさかヴァージルの商品がdiariesに!?ヤバー!売れちゃう~!

と思ったらまさかのNORMALで、ズコーってなったから!(エイプリルフール)



ま、こんな刺繍はオマケです。

やっぱり理由はコレですね。

ベンデイヴィスのゴリラカット。

ベンデイヴィスはご存じですよね?

サンフランシスコにて1935年に創業したワークウェアブランド。

ですが、俺がベンデイビスの好きなところは、ワークウェアの元祖と言ってもいいところ。

というのは、創業者のベンの祖父・ヤコブデイビスという名前を聞いたことがある人は、デニム通。

リーバイスの創業者・リーバイストラウスと共に、リベット打ちデニムを作ったのが、

ジェイコブ(ヤコブ)・デイビスなんです。



それはさて置き、そんなベンデイビスの中であまり知られてないのが、

このゴリラカットという極太のモデル。



普通に90年代からあって、自分も昔履いてました。

ハードコアのライブに行くにあたり、当時はスケーターファッションをベースになってて、

極太のパンツが必要でした。(何事も形から入る薄っぺらなタイプ。)

そこで軍物屋を数件回ったのですが、USアーミーのチノパンでは太さが足りず、

もっと太いパンツないかな~と思って見つけたのが、このベンデイビスのゴリラカットでしたね。生地も丈夫だし。

そんでヴァンズはすぐに履きつぶれちゃったから、adidas safetyのプロモデルみたいなやつ合わせてたな~。



そんな青春時代を共に過ごしたゴリラカットを見つけて、セレクトしたのが昨年のこと。

実は去年はブログご紹介前に完売してしまいました。

で、またやろうかな~と思った矢先に見つけたのが、このヴァージルノーマルがリメイクした、

ベンデイビスのゴリラカットでした。

どの辺がリメイクかっていうと、裾の刺繍だけでなく、この(カニエ)ウエスト。

極太のゴリラカットに、なんとワンタック!?!?!?

いえいえ違います。

このリメイクは、例えば上の写真のように30インチの表記だとしたら、

元々4インチアップした34インチのパンツをリメイクして、

ウエストだけ30インチにしてあるんです。

つまり、ウエストは30インチだけど、太ももや裾幅は34インチのソレのままってこと!!!

だからものすごい太さを楽しめるパンツなんですよーーーーー!!!!!

これはもう大人の遊び。

ADULT ENTERTAINMENTって書いてあるくらいだからね!

アダルトパンツ!18歳以下お断りでしょ???

ま、Feels so good=イイ感じでお願いしますね~~~!

太くてfeels so goodイイカンジ~

太すぎて全然Nomal(普通)じゃないのがウケますね~

実はテンダーでも、同じくらい太いType136ってのを昨年オーダーしたのですが、

生産が間に合わせないとかでドロップ(生産中止)になっちゃったんです。

ムカついたので、もっとブッ飛んだの欲しい~って気持ちも正直ありますね!



ちなみにサイズは30から2インチ刻みで36まで用意してます。

俺サイズは36ですが、ワタリ巾を調べたところまさかの38㎝・・・

ぐるりで76㎝=30インチ!!!!!

太もも周りがやせ型男性のウエスト並みの太さです!ウケる!





それではまた。お店で会いましょう。