Blog

インディアンジュエリーフェアで会いました!!!

インディアンジュエリーフェア開催中(日曜日まで)!!!

 

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「進化の日」だそうです。

こんばんわ!モンゴルです!人間やってます!

 

おかげさまで色んなお客様に会えました!

そしてまた様々なインディアンジュエリーにも!

というわけで、今回届いているインディアンジュエリーから、モンゴルズピックアップをご覧ください。

ドウゾ!

Michael Roanhorse (マイケルロアンホース)の新作バングルは、相変わらずのコンテンポラリーデザインですが、

今回は幾何学模様のような柄がカッコイイです!

色が違って見える部分も、基本的は全てシルバーで、テクスチャーで違って見えるだけ。

シンプルですが深いですよ、ロアンホースは!

 

次です!

おなじみSunshine Reeves(サンシャインリーヴス)のバングル!

いつも好きでご紹介するアーティストですが、いつも紹介するのは三角やスクエアのワイヤーバングル。

でも、このラウンドタイプのワイヤーバングルは初めて見ました。

丸っこくて柔らかい印象ですが、繊細さと力強さが相まったサンシャインらしい魅力を味わうことができます。

またこの幾何学模様も、よく見ると4 Starsで4つ角の星で、インディアンならではの幸運を表したものです。

初めてインディアンジュエリーを見につけたい方。さらにそれなりのボリュームを求める方にお勧めです。

 

次です!ここからスペシャル!

まずは個人的に今一番オススメしている、Clendon Pete(クレンドンピート)!

立体感のある再度のリポウズと、トップのあえて何も柄を入れてないコントラストがメチャクチャカッコイイです!!!!!

そしてこのクオリティでこのヘヴィーゲージで10万切るっていうのも、ルーキーならではですね!

 

次です!

出ちゃった。

Ernie Lister(アーニーリスター)。。。

いわゆる巨匠ですね。あのペリーショーティに彫金を教えた人物。

これはもう、ひとまず極めたい方向けですね。大きな山を登りたい方。

これ持っちゃうと、もう他のシルバーには目がいかなくなるかもしれません。それくらいのやつ。

 

でも上には上が・・・・・

震えます!!!!!

同じくアーニーリスターですが、ハンパないリポウズ!

そして石!オンザロック!ターコイズはこれまた素晴らしいローンマウンテンのオールド物!

付けてみると、ちょうど石のあるセンターの部分がくびれた美しいデザイン。

しかし、なんとこれは激しいまでのリポウズにより、たまたま生じたゆがみだとか。

凄すぎます。。。

 

次です!今の内がオススメのやつ。

先日、突然の訃報がインディアンジュエリーファンを襲いました。

Wil Vandever(ウィルバンデバー)が亡くなった、と。

良質な石を使い、ワイヤーワークによりさらにそれを際立たせるのが上手だったアーティストさんです。

私もデカいキングマンのペンダントトップを持っています。

亡くなったから買うってのも違うと思いますが、もうこの作品が見られなくなると思うとやっぱり寂しいです。

大事に使わせていただきます。

 

最後に、おなじみのダリルビゲイのペンダントトップで締めましょう!

やっぱりモニュメントバレーはいいなあ。いつか行ってみたい場所です。

ウチの店では、いつもダリルのプレーンリングしかセレクトしませんが、本当は何でもできる器用さがウリ。

そして数少ないトゥファキャストの使い手。小さくとも、トゥファらしさを存分に楽しめるアイテムです。

 

以上、駆け足での紹介になりましたが、興味がある方はぜひともご来店ください!

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018