Blog

1sin × 金子眼鏡 のinnovator Ⅴ

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「さくらの日」だそうです。

突然ですが、大事なお知らせがあります。

2月に無事に移転を済ませたばかりですが、、、、、




早くもイベントやらせていただきます!!!!!

DIGSEUM(ディグジアム)と題し、ヴィンテージバンダナのイベントを開催します!

以下、イベント概要です。


DIGSEUM

-Mr.MIYAKAWA’S COLLECTION OF BANDANA-

開催日時:4/7(日)12:00~18:00


ジーンズ、Tシャツ、レザージャケット、ミリタリーウェア。

様々なヴィンテージスタッフが掘り起こされ、収集家により体系的に研究される中、

まだその全貌が捉えられていないヴィンテージバンダナの世界。

国内でも指折りのバンダナコレクターである宮川氏を招いて、

氏のコレクションを実際に手に取って見ていただける機会を設けました。

ミュージアムピースと呼ばれるレアなバンダナから、定番のFAST COLORまで。

もちろん販売できるヴィンテージバンダナもございます。

開催期間中は宮川氏も在店いたします。

ヴィンテージバンダナの世界を、どうぞ体験してみてください。


DIGSEUM(ディグジアム)

MUSEUMのように、ガラスの向こうにある手が届かない世界ではなく、

DIGつまり自身の手で触れることができ、知識を深めながら、

特定のカルチャーを掘り下げることを狙いとした体験型イベントです。




移転リニューアルオープン後、最初のイベントはまさかのバンダナ!?

インディアンジュエリーでもトゥアレグシルバーでも、

KUONでもTENDER Co.のイベントでもありません!

俺も全く分からないヴィンテージバンダナのイベント!!!

(あ、一応買い付け後のヴィンテージフェアもイベントだったのかな?w)



お店も広く見やすくなったので、今後はイベントもどんどんやっていきたいと思ってます!

そして自分が分からないカルチャーをあえて選ぶというのも、俺なりの挑戦だと思ってください!

「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」でございます!

当日は、私も大いに学ばせていただきます!

是非皆様も一緒に楽しみましょう!




じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】1sin × 金子眼鏡

【アイテム】innovator Ⅴ

【価格】¥31,320-(税込)

【コメント】

まさかのメガネ(サングラス)が入荷しました!!!!!

私もメガネ歴は25年になりますが、diariesではメガネのセレクトを敢えて避けてまいりました。

(あ、デッドストックのメガネフレームは別だけど・・・)

なぜかといいますと、メガネという商品の性質によります。



だって、レンズも作れないばかりか、フレームの調整もできないのに、

それ売っっていいの?って思ってて。

(細かく言うと、革靴とかスーツとか売れなくなるけどね。www)

たとえばOWNDAYSの破天荒フェニックス見ても分かる通り、

海外だとメガネの販売って医療行為に該当したりするんです。

れっきとした資格が要るんですよ。メガネを販売するには。



それを知った時、「確かにそうだよなぁ~」と。

確かに私もメガネにはとても悩まされてきました。

顔がデカいから締め付けらえて頭が痛くなったり。

顔が歪んでるから、メガネが傾いたり。

顔が脂性だから、メガネがいつも「ごはんですよ」になったり。

顔がイケメンじゃないから、メガネかけても雑誌みたいにかっこよくならなかったり。

(でもコンタクトは怖くて嫌だ。目を触るなんて信じられない!)



だけどやっと・・・やっと信頼できるメガネ屋さんが近くにオープンしたので、

diariesで買ったメガネを調整してもらえるように頼み込んで承諾を得たので、

これでようやく自信を持ってお客様にメガネをお勧めできるようになりました!


前置きはこの辺で、それでは詳しく見ていきましょう。

こちらは1sinが金子眼鏡とコラボレーションして作られたクリップオンサングラスです。

日本人の顔にフィットするように、1sin独自のフレーム構造を

熟練の職人が1本づつ手作業にて作っているとのこと。

フレームは、耐久性を考えながらもできるだけ薄く・細くしてあります。

カジュアルからスーツスタイルまで、幅広く使えるのが特徴です。

以上のように、色は4タイプ。

シルバーフレーム×グレーレンズ

シルバーフレーム×ブラウンレンズ×七宝柄

ゴールドフレーム×グリーンレンズ

ゴールドフレーム×ブラウンレンズ×デミ柄



展示会で見た瞬間、5分で仕入れを決めました。

いや、決められませんでした。

迷いすぎて決められなかったので、全部仕入れることを決めました。



そして最大の特徴がコチラ。

パッカ~~~ンのクリップオン仕様!

これこれ!こういうのが欲しかったんだよ!

私もサングラスはしてますが、目が悪い人はサングラスを使うのがかなり面倒。

例えば私がしてるサングラスは、アメリカンオプティカルのやつなのですが。

日が暮れたら車の運転ができないので、サングラスとメガネの2つを持ち歩かないといけなくなる。

また、度入りのサングラスを作らないといけないので、費用もかかる。

じゃあサングラスなんてかけなきゃいいじゃん!

そこまでしてカッコつけたいの!?wと思う方もいらっしゃるかもしれません。

そりゃ私、オサレなセレクトソップのオーナーなので、

いつでもどこでもオシャレはしないといけません。

でも、サングラスをかける理由はもう一つあります。

それは、「体の疲れを軽減すること」。



豆知識なのですが、サングラスをかけると体がリラックスするんです。

また、目の疲れは脳を疲れさせます。そして脳が疲れれば、体も疲れるのは明白ですね。

毎日を活き活きと過ごすために、サングラスをかけるんです。

ちなみに今回の1sinのサングラスは、UV99.9%カットです!!!!!



なので、このクリップオンサングラスというのは、

体にもファッションにも非常に有効なアイテムというのがお分かりいただけましたでしょうか?

クリップオンなので、色付きレンズを外すこともできるんですよ!

また、クリップオン部分のバーがあるだけで、メガネの存在感がかなり強烈になるのが分かりますね。

さらにはレンズの形がすごすぎる。

一見、丸メガネっぽいんですけど、絶妙な匙加減でボストンぽさを残しています。

まん丸って結構強烈じゃないですか?(ピエール)滝廉太郎的な。

丸メガネって憧れるけど、結構付ける顔選ぶよなってのが実際のところ。

でもこのメガネは、丸メガネなのに柔らかいんです。

ほとんど顔を選ばない丸メガネ。いいわぁ~

また、細~いクリップオンのバーの上に、小さく金子眼鏡を書かれています。

実はですね、お世話になってるつくばのメガネ屋さん「グラングラス」さんの

原田さんは、金子眼鏡でも働いておりました。

だからこそ、このメガネを安心して仕入れることができたとも言えます。


都会だったら、お近くの金子眼鏡でメンテナンスできますけどね。

ここは茨城なので無~理~

そしてすごいのがノーズパッド!

まずは日本人の鼻の高さ(低さ?)に合わせたノーズパッドですが、

なんと素材はチタン!!!!!ティ、ティ、ティ、ティッタン!?!?!?

俺も皮脂がすごいので、ノーズパッドに付着するガンコな汚れには、ほとほと困らされています。

チタンは、拭けばすぐに汚れがとれ、いつも清潔でいられます。

コストがかかるので、ほとんど使われませんけどね。

微に入り細を穿つデザイン。1sinはこんなこともできるんですね!

すばらしい!!!

ちなみにサイズは、

フレーム:115.00mm

テンプル:148.00mm

レンズの大きさ:たて43.00mm、よこ47.00mm


となっています。

2トーンのケースもカッコイイよ。



最後にお目汚しで申し訳ないですが、付けたところ。

ほんの気持~ちすこしだけレンズ位置を中心に寄せたデザインだと思います。

なので、普通なんだけど「どこか胡散臭さが漂う」ところが好き。

サングラスって、やっぱりちょっとダークなイメージ(胡散臭さ)欲しいでしょ?

上までパッカーンするとバカっぽいので、90度で留めるのがオススメです。

なので上の写真の人はバカです。

でもパッカーンを外せば優等生ぽく見えるのでご安心ください。



このサングラスもフジロックに持っていくと思います。




それではまた。お店で会いましょう。