Blog

Gitman Vintage(ギットマンヴィンテージ)のHedd Hunter Shirt


DIGSEUM

-Mr.MIYAKAWA’S COLLECTION OF BANDANA-

開催日時:4/7(日)12:00~18:00

ジーンズ、Tシャツ、レザージャケット、ミリタリーウェア。
様々なヴィンテージスタッフが掘り起こされ、収集家により体系的に研究される中、
まだその全貌が捉えられていないヴィンテージバンダナの世界。
国内でも指折りのバンダナコレクターである宮川氏を招いて、
氏のコレクションを実際に手に取って見ていただける機会を設けました。
ミュージアムピースと呼ばれるレアなバンダナから、定番のFAST COLORまで。
もちろん販売できるヴィンテージバンダナもございます。
開催期間中は宮川氏も在店いたします。
ヴィンテージバンダナの世界を、どうぞ体験してみてください。

DIGSEUM(ディグジアム)
MUSEUMのように、ガラスの向こうにある手が届かない世界ではなく、
DIGつまり自身の手で触れることができ、知識を深めながら、
特定のカルチャーを掘り下げることを狙いとした体験型イベントです。

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「趣味の日」だそうです。

服が趣味・・・いいじゃない!

好きな物があればそれが趣味。

昔は俺も興味があるものが服しかなくて、服が趣味って言うのが気恥ずかしい時代もありました。ヲタですね。



そして本日ご紹介するアイテムは、趣味と趣味がぶつかりあって誕生したアイテムです。

早速参りましょう!

ドウゾ!

【ブランド】Gitman Vintage(ギットマンヴィンテージ)

【アイテム】Hedd Hunter Shirt

【価格】¥24,840-(税込)

【コメント】

ギットマンブラザーズに、形から別注で作りこんでもらったシャツです!!!!!

先ほど趣味と趣味がぶつかりあってと書きましたが、気になるでしょ~?www



実は、このシャツが生まれるきっかけになったのは、お客様との話から。

ギットマンの今季の生地にルアー柄がありました。

僕は釣りをしないのでよく分からなかったのですが、

好きそうなお客様に勧めてみようかなと思い写真を見てもらいました。

そのお客様というのは、千葉県成田市と茨城県つくば市で

HEAD HUNTERS(Click!)という釣具屋を経営されているK地さん。



そして見てもらったところ、ありがたいことに「欲しい!」と

おっしゃっていただいたのですが、問題はそれから・・・



「形も好きなようにオーダーできないですか?」

とまさかのスペシャルオーダー希望!?!?!?



英語もできないし絶対無理だろと思って断ろうと思いました。

しかし、これは自分の知らない世界を見ることができるチャンス。

英語での別注交渉を含め、自分を成長させてくれる機会だ!と思い直し、

「やれるだけやってみます・・・失敗しても買ってくださいね!w」と答えました!



まさに「自ら機会を創り出し、機会により自らを変えよ」ですね!



いや~でもシビレたわ~。

オーダー忘れられたり、結局英語で伝わらなくて絵を描いて送ったり。

もう当分やりません!!!w



でも、良い物ができあがったと思います。

まずは別注ポイントから説明していきましょう。

ネック

風でバタバタするのでバンドカラーに。

ならカットソー着ろよ!と思うかもしれませんが、「あえてシャツを着る」という

釣りへの尊敬、魚への敬意、そういった姿勢を感じてください。



次に袖。

袖の長さは7分丈。

これはもちろんキャストしやすいように短めで。

これで袖を捲らずに済みます。

またカジュアルになりすぎないようにカフもつけました。

もちろんキャストしやすいように、個人によって開けたり閉めたりしてください。



そして気になるポケットの位置。

この位置を決めるのが難しかった。

実はこれ、釣りする時にライフジャケットを着るので、

胸ポケットだと使えなくなってしまうそうです。

なのでライフジャケットを着ても使える位置に移動しました。

仕様はチェストポケットならぬウエストポケットといったところです。



以上、こんなところですが、バンドカラーで7分袖でポケット位置が普通と違う、

それだけのシャツだったら、たぶん世の中にいくらでもある気がします。

だけど、1つ1つのディテール全てに理由がある。

趣味だからこそ(いや俺やK地さんにとっては仕事、っていうより人生だけどw)こだわり抜きたいんですよね!



で、実は一番こだわったのは商品名だったりします!www

今回の別注は、HEAD HUNTERSのK地さんのアイデアだったので、

Head Hunters Shirtがいいかなと思って相談したら、ストップがかかりました。

何で?って思ったけど、もっと深くて良い名前をいただきました。

それがこの「Hedd Hunter Shirt」。

ヘッドハンターとカタカナは同じですが、スペルが違います。

HeadではなくHedd。

釣り好きなら分かりますよね?

Heddon社から取りました。

ジーンズでいうリーバイス、ルアーでいうヘドンと思ってください。



なぜHeddonから取ったかというと、ギットマンが作ったこのルアー柄の

1つ1つを見ると当店アメリカンルアーデザイン。(一部ヨーロッパテイスト)

しかもトップ系。

そしてそもそもギットマンブラザーズが、アメリカを代表するシャツメーカーの1つ。

ということは、アメリカのトップウォータールアーのオリジネーターであるヘドンを思い浮かべることは必然です!



そしてここにHedd Hunter Shirtが誕生しました!!!!!

くぅ~!キマッタ~!

頑張ってオーダーした甲斐がありました!届いた時はちょっと感動!

そして着てまた感動!

実際に釣りをする方は、ワンサイズアップでもいいかもしれません。

サイズはS/M/Lと用意しましたが、早くもLが完売してます。



もし俺が釣りやるとしたら、こんな感じかな?

藪に行っても大丈夫なように、バグシャツで!

Outer/The Original Bug Shirt (Bug shirt) ¥19,440-

Pants/1st PAT-RN (Tactical trousers) ¥44,280-

Boots/Grizzly Boots (Black bear) ¥97,200-

通気性も良くて撥水して汚れないパンツと、ガンガン履いていけるブーツで!

イタリア物のファーストパターンだけど、アメリカントラッドを意識してるし、

釣りなんてもうTactical(戦術)でしょ?

シャツもちゃんと見えますよ!

ショップオーナー同士がぶつかり合って作った熱いシャツです!

でも生地は薄いです!(さすがに生地は変えられない!)



釣り好きも、そうでない方も、色んな方に見てもらいたいですね!

改めてHEAD HUNTERS(Click!)K地さん、ありがとうございました!



それではまた。お店で会いましょう。